レイクアルサは在籍確認がなしって口コミ?電話確認はどこにかかる?

1枚あれば急な出費の時でも大丈夫!なのが新生フィナンシャルのレイクアルサです。

このローンのメリットは審査時間の短さ、保証人・担保は必要なし。

という所なので住宅ローンや車のローンなどよりも通りやすいのが利点です。

しかし、必ずパスする。

という訳で張りません。

他のカードの遅延や延滞クレジットカードや携帯などの支払の滞りなどがあれば情報公開として判明してしまうので審査を通過するのは難しい。

という結果になります。

支払に関しては日ごろから管理をしっかりとしておきましょう。

カードローンの審査は簡単だと思われがちですがパスできない人もいます。

その場合、原因は何か?良く聞くのがブラックリストという言葉ではないでしょうか。

その意味とは、借入が発生する商品はすべてずっとパスできない状態になる。

という事です。

どうしてそうなってしまうのか?考えられる事は色々とありますが一番多いのが借入関係のトラブルです。

ですので、金銭関係の支払は常にきちんと把握しておきましょう。

誰でも手軽に借入できるローンが新生フィナンシャルのレイクアルサです。

これは、総量規制対象外なので収入が安定していないアルバイトや主婦の方でも申し込みがOKです。

審査時間は30分前後で終わる物が多く、必須と思われがちな保証人なども不要で当日中に現金の引き出しが可能な場合もあるので何かと便利に使える物となっています。

ですが、誰もが審査を通過する訳ではありません。

過去に金融関係のトラブルがある方は残念ですが、通過する事は難しいでしょう。

ですから、普段から計画性をもって支払をしていきましょう。

急な出費の時に持っていると安心なのがカードローンです。

普通のローンとは少し違い審査も短くて済み、当日現金を引き出すことができるので誰でも手軽に利用できます。

審査は厳重に行われますが住宅ローンとは違い、やさしい内容になっているので支払の遅延や延滞などをした事がなければたいていの方はパスすると思って良いでしょう。

主婦の人やアルバイトなど収入が少ない人のための商品もあり身内や友人にも内緒で申し込みできるので、利用されている方も多いのではないでしょうか。

参考:レイクALSAの口コミは?審査はどう?【2chの評判も】

消費者金融は借りる時は簡単だけれど返済が遅れると怖い人がやってくるというイメージを持つ人は多いと思います。

昭和の時代は、強引な取り立ても多かったのですが近年は消費者金融も法律を守るように改善されたので、そのようなことはありません。

金利は銀行カードローンより高い場合が多いのですが提携ATMの数は銀行よりもレイクALSAのほうが圧倒的に多いです。

借入や返済もコンビニで簡単に行える上、ATM手数料が無料だったりするので、銀行カードローンよりも使い勝手が便利です。

また、消費者金融レディースローンを用意しているところも多いので女性でも借りやすいと人気です。

昨今の消費者金融業界のイメージはというと法律の改正やCMでのイメージアップ効果によって堅気じゃない、ブラック企業、恐ろしい...というイメージから払拭されていると言えるのではないでしょうか。

就職先としての人気も上々のようなので消費者金融業界の知られざる審査時間の長さや労働条件を詳しく解説していきましょう。

審査時間の長さについて紹介すると、まず債務者の個人データをパソコンに入力管理し、返済遅延者には電話やメールで督促のお知らせを通知します。

就職するにあたり、絶対に取得しておくべき資格はありませんが店長(責任者)に昇格するには貸金業務取扱主任者の資格を取得しなければなりません。

年収についてですが大卒の初任給で20から30万円程度でとされておりノルマ達成などの成果を上げるとボーナスという形で評価されます。

消費者金融は銀行に比べてお金を借りやすく数年前までは、簡単な手続きで借り入れることができました。

その当時は、現在のように法整備が整っていなかったため規定の金利よりも高い金利で借り入れをして人がいたようです。

これが、いわゆる過払い金というもので多く払い過ぎてしまった金利分を意味します。

多く支払わされた過払い金は返還してもらう権利がありますが、過払い金の払い戻し請求には期限があるので注意が必要です。

完済日から10年経ってしまうと時効となり請求権を失効しますので心当たりがある人は過払い金請求に詳しい法律相談事務所に相談することが大切です。

レイクALSAのキャッシングのメリットといえば簡単に借り入れることができ好きなタイミングでATMから返済できるので気軽に利用することができます。

カードローンは使い方によっては非常に便利なものなのですが住宅ローンなどの大きなローン組めなくなる可能性もあるのです。

特に住宅ローンは数十年に渡って数千万円を返済していくローンなので借り入れる人は金銭的に安定していることが必須となります。

カードローンを利用している人は慢性的な金欠状態と判断され事前審査すら通らない確率が大きいのです。

完済していてもカードを所有しているだけで審査に不利になりますから住宅ローンを組む場合には、カードローンは解約しておくことをおすすめします。

お金を貸し付けてくれる金融機関はいろいろありますが大きく分けると銀行とノンバンクに分類されます。

ノンバンクとは銀行以外の融資機関の総称で消費者金融やクレジットカード会社などがノンバンクと呼ばれます。

クレジットカード会社や信販会社というのは、商品代金の立て替え業務がメインとされていますが利用限度枠内でキャッシングサービスも行っています。

一方、消費者金融とは貸金業専門の金融機関となり限度枠内なら何度でも借入と返済が可能です。

銀行とレイクALSAの違いは審査時間の長さです。

銀行は金融以外にも為替や証券取引など様々な商品を扱っています。

わりと簡単に借入可能と言われているのが消費者金融ですが審査時間の短さは伊達ではありません。

審査基準が高いというイメージが強い銀行カードローンですが、審査しているのは消費者金融業者であることは、あまり知られていないですよね。

貸金業法が改正されたことによって大口融資ができなくなった消費者金融業者のほとんどは銀行の金融業務に関する保証会社となることで銀行グループの関連企業に参入しました。

一般的なイメージでは銀行の方が能力が高そうと思うかもしれませんが審査能力に関してはレイクALSAの方が数段上手(うわて)です。

銀行為替や預金などの業務の一部として金融も行っているにすぎないため融資を本業としているレイクALSAの方が、与信審査の専門性が高いのは当然ともいえます。

消費者金融は貸金業と言う法律で規制されていますから銀行を規制する銀行法とは異なる法律の適用を受けます。

貸金業法と銀行法の最も大きな違いは貸金業法には総量規制という融資金額の制限があることです。

総量規制というのは、年収の三分の一を超える金額の融資を禁じているもので総量規制によって、借り過ぎを抑止する効果を目的としています。

従って、収入が0の専業主婦たちは消費者金融を利用しようと思っても仮審査の時点で却下されてしまいます。

一方、銀行は銀行法なので総量規制はなく、専業主婦でも借りることができます。

いくつもの消費者金融から借金をしている人は多重債務者と言って金融業界からは嫌われます。

飲み会やセミナーでお金を使いすぎてしまったなど予定外の出費が重なってしまって、で生活費が足りないということがあると思います。

そんな時、レイクALSAならネットから簡単に申し込みができ担保や保証人も不要で審査時間が短く借り入れることができます。

一度カードローンを利用すると簡単に現金を手にすることができるので預金を引き出す感覚で、際限なく借りてしまう人もいるようです。

預金感覚で引き出していると、あっというまに限度額に達してしまうため他のカードローンと掛け持ちする羽目になりますから注意して下さい。

消費者金融と言うとサラ金や街金が連想されなんとなく恐い、ヤバイというイメージを持つ人が多いです。

バブル崩壊期は暴力的な取り立てや深夜早朝問わず自宅へ押しかけるといった乱暴な取り立てが横行していました。

近頃は法律が改正されたことによって銀行傘下に入る企業が増えましたので法律順守の意識が高まってきたのでブラック企業は改善されつつあります。

最近では、テレビCMに人気タレントを起用するなど借金を感じさせない爽やかな内容でイメージアップに成功しています。

しかし、内容がイメージ戦略に偏りすぎてしまっているため意味不明とか何のCMだか分からないという不満の声もあがっています。

お金を貸し付けてもらうことができる金融機関には銀行の他に消費者金融やクレジットカードでのキャッシングがあります。

少し前までは銀行からお金を借りるとなると、融資までにかなり時間がかかりましたが最近では銀行でもカードローンが取り扱われるようになったので、比較的短時間で借りられるようになりました。

金融機関というのは利子を付けて返済してもらう事で売上となり、企業としての利益として計上されます。

銀行の金利とレイクALSAの金利を比較した場合、通常はレイクALSAの金利の方が高い場合が多いです。

ただし、中には消費者金融よりも金利が高く設定されている銀行カードローンもありますのでレイクALSAのキャッシングの審査というのは比較的審査に通りやすいとされているので審査に落ちる人には、必ず何か理由があると思います。

過去に自己破産を経験した人や延滞した事がある人はブラックリストに入ってしまっている可能性があります。

また、総量規制という年収の1/3を超える借入はできないという規則に引っかかってしまっている可能性もあります。

つまり、年収300万円の人は100万円までということになりますが、その人がすでに50万円の借入している場合は新規のカードローンでは50万円が限度額となります。

又、複数の金融業者から融資を受けている人は多重債務者と言って、どの消費者金融でも審査が厳しくなるのは言うまでもありません。

各消費者金融業者の借入れの条件や詳細なデータはランキングサイトを見れば一覧できます。

各消費者金融会社ごとに詳細をまとめて掲載しているところもありますし、一覧表で比較がわかりやすいサイトもあります。

個々の消費者金融についてメリットデメリット等わかりやすく紹介してくれているサイトもあるので消費者金融に詳しくない人でも、簡単に比較や選択することができます。

更に公式サイトへのリンクを貼っているサイトもありますから比較後、すぐに手続きをすることも可能です。

又、ランキングサイトには、審査に申し込む時の記入方法や審査に通るためのコツなどを教えてくれるサイトもありますので、是非ご利用ください。

カードローンの申込方法はいくつかあり一般的には、郵送、電話、インターネットといった申し込み方法があります。

郵送を希望する場合は、店舗などから申込書を入手して必要事項を記入後に返送して審査結果を待つという流れになります。

審査にクリアしたら、本人確認証明書や取引口座などの必要資料のコピーを同封し送ると手続きが行われて、ローンカードが郵送されてくることになります。

ちなみに、パソコンやスマホからの申し込みの場合ローン会社のサイトにある申込フォームに入力して送信するだけでOKです。

メールにて審査通過の連絡が届いたら、記載されているサイトへアクセスして必要書類をカメラで撮影してアップするというweb完結が主流です。

レイクALSAのキャッシングと銀行カードローンは似て非なるものです。

それぞれ、メリットデメリットがありますので比較してみましょう。

レイクALSAのメリットといえばやはり審査時間が早い、審査に通りやすいなどがありますが銀行カードローンと比較すると高金利であったり、借入限度額が低いというデメリットがあります。

銀行は銀行法、消費者金融は貸金業法と法律が異なっており貸金業法には総量規制と呼ばれるものがあります。

これは、借り過ぎに歯止めをかけるために制定された規制で年収の三分の一を超える借り入れができないとされるものです。

ただし、住宅ローンのような担保があるローンは除外されカードローンやキャッシングのような無担保ローンにだけ適用される規制です。

近頃の消費者金融はCMなどを見てもとてもクリーンなイメージがありますがバブル崩壊の頃はサラ金や街金と言われる暗い業種でした。

その頃はバブル経済真っ只中で金銭感覚がおかしくなってしまった人たちが多く容易にお金を用立ててくれるサラ金や街金で借金を繰り返していきました。

借り入れたお金には利息をつけて返済する義務があるのですが気軽に借金する人ほど目先の事しか考えていませんので返済できるわけがありません。

一方で、貸した側のサラ金や街金は返済してもらわないと損益が出ますからウシジマくんさながらかなり怖い人たちが暴力的な手段で取り立てを行っていました。

現在は乱暴な取り立ては法律で禁止されていますので昔のように玄関先で大声で怒鳴り取り立てるようなことはありません。