個人事業主でも借りれる?レイクアルサの即日審査は甘いって本当?

カードローンの仕組みを知っていますか?カードローンは個人事業主の審査によって個人に貸出限度枠が与えられその範囲の中で借り入れや返済を繰り返し行うことができるキャッシングローンです。

各社ごとに決まった日時に残高に対しての利息が計算されて月毎の返済日に必ず引き落としされるという約定返済が基本の返済方法です。

引き落される金額は残高によってランク分けされることになりその金額の範囲内から利息を差し引いた分が元本の返済に充てられという流れです。

ですから、利息の計算日までに極力元本を減らしておくこのが利子を極力安くする一番有効な方法なのです。

返済する方法として約定返済以外に繰り上げ返済と言う方法があり繰り上げ返済はボーナス時等にまとめて返済することで効率良く元本を減らすことができます。

消費者金融と言うとサラ金や街金が連想され暗い、怖いというイメージを持つ人が多いです。

バブル崩壊期は法律を無視した暴力的な取り立てや時間などお構いなしに自宅へ押しかけ恫喝をしたり乱暴な取り立て行為が横行していました。

現在は法律が改正されたことにより銀行傘下に入る企業が多くなり法律順守の意識が高まってきたのでブラック企業は改善されつつあります。

最近では、テレビ・ラジオCMに人気タレントを起用したり借金を意識させない内容でイメージアップを計っています。

しかし一方でイメージ戦略に偏りすぎてしまっているCMも多く何のCMだか分からないという声もあがっています。

現在の消費者金融のイメージはクリーンなイメージを抱かれている方も多いかと思いますがバブル崩壊の頃はサラ金や街金と言われる暗い業種でした。

当時はバブル絶頂で金銭感覚が狂ってした人たちが多く気軽にお金を工面してくれるサラ金で借金を繰り返していました。

借りたお金には利子をつけて返さなければいけないのですが気軽に借金する人ほど目先の事しか考えていませんので返済できるわけがありません。

一方で、貸した側のサラ金や街金は返済してもらわないと損益が出ますから当時はかなり暴力的な手段で取り立てを行っていたようです。

現在は乱暴な取り立ては法律で禁止されていますので以前のように怖い人が自宅まで押しかけてきて借金を取り立てるようなことはありません。

一般的にレイクALSAのキャッシングの金利というものはレイクALSAよりも高い場合が多いです。

消費者金融のキャッシングの適用金利は3.0%から18.0%が一般的ですがレイクALSAは1.9%から14.5%(楽天銀行)ですから、明らかに金利が低いことがわかります。

レイクALSAの最大貸出限度額は、500から800万円と設定されていることが多いのですがレイクALSAは一部の銀行を除いて800から1 200万円と限度額も高額です。

ちなみに、レイクALSAは事業用資金に使えないなどの制約がありますがレイクALSAのキャッシングは事業用資金に使用できる場合が多いです。

又、レイクALSAの場合は口座を開設するなどの条件を付けられることがありますが、消費者金融の場合は預金機能がありませんので、面倒な条件もありません。

銀行以外だと消費者金融やクレジットカード等があります。

少し前までは銀行からお金を借りるとなると、融資までにかなり時間がかかりましたが最近では銀行でもカードローンが取り扱われるようになったので、比較的短時間で借りられるようになりました。

金融機関というのは利子を付けて返済してもらう事で利益を上げています。

消費者金融と銀行の金利を比較してみると通常は銀行の金利の方が低く、レイクALSAの金利の方が高いと言われています。

ただ、中には消費者金融よりも個人事業主には金利が低いレイクALSAというのも存在しますので、一概に消費者金融のほうがレイクALSAよりも個人事業主には金利が低いとは言えないのです。

消費者金融のキャッシングとレイクALSAは似て非なるものです。

それぞれ、メリットデメリットがあるので比較してみることにします。

レイクALSAのメリットは審査時間が早い、レイクALSAが個人事業主でも審査が通りやすいなどがありますがレイクALSAと比較して金利が高めに設定されていたり、借入限度額が低いというデメリットがあります。

銀行は銀行法、消費者金融は貸金業法というそれぞれ別の法律の規制がかけられているのですが貸金業法には総量規制と呼ばれるものがあります。

これは、借金の増えすぎを止めるために設定された規制で借り手の年収の1/3を超えてはいけないというものです。

ただし、住宅ローンやマイカーローンのような担保を必要とするローンは除外されカードローンやキャッシングのような無担保ローンにだけ適用される規制です。

いくつもの消費者金融から借金をしている人は多重債務者と言って金融業界からはブラックリストに入れられている可能性があります。

結婚式が何件も続いてしまったなど予定外の出費が重なると、次の給料日まで生活費が足りないということがあると思います。

そんな時、カードローンなら簡単に申し込みができ担保・保証人不要で手軽にお金を借り入れることができます。

最初はおっかなびっくりな人でも、一度カードローンを利用すると簡単にお金を手に入れられるので預金を引き出す感覚で、次々に借りてしまう人も多いようです。

そんな利用法だと、あっというまに限度額に達してしまうため他の金融業者に掛け持ちすることになりますから注意して下さい。

金融機関で高評価を得る要素は低金利、スピード審査、手数料が安いなどといったことが挙げられます。

しかし、消費者金融の場合、総量規制が影響しているのでサービス内容で個性が出しにくく借入限度額に関しては、借り手の経済力も影響するので大きな要因ではないと思われます。

人気ランキング上位を見てみるとどの消費者金融も審査時間最短30分、融資時間最短60分、最大金利18.0%程度なので大差はありません。

そのようなことよりも、簡単に手続きが完了するかということや提携ATMが多いことのほうが評価のポイントになっているようです。

又、テレビなどのCMに起用されているタレントさんのイメージやCM全体を通して伝わってくるイメージも大きく影響しています。

カードローンの申込方法はいくつかあり一般的には、郵送、電話、インターネットによる申し込みが可能です。

郵送の場合は、店舗や電話にて申込書をもらい必要事項を記入後に返送して審査結果を待つという流れになります。

個人事業主の審査に通過し必要資料のコピーを同封して送れば契約手続きが行われて、ローンカードが郵送されてきます。

参考:レイクアルサ個人事業主でも借りれる?即日審査甘い?【スマホ対応】

ちなみに、パソコンやスマホからだとサイトに設置されている申込フォームに入力して送信するだけです。

メールにて審査通過の連絡が届いたら、記載されているサイトへアクセスして必要書類をカメラで撮影してアップすれば審査完了となる「web完結」が主流です。

消費者金融というのは貸金業という法律で規制されているので銀行を規制している銀行法とは違う法律の適用を受けています。

貸金業法と銀行法の最も大きな違いは貸金業法には総量規制があることです。

総量規制は、個人の年収の1/3を超える金額の融資を禁止するもので総量規制によって、借り過ぎを防ぐ効果を目的としています。

そのため、無収入の専業主婦などの人たちは消費者金融に借り入れ申請をしても仮審査も通りません。

ちなみに、銀行は銀行法で規制されているため総量規制がありません。

専業主婦の方でも利用することができます。

借入しやすいのが特徴ともいえる消費者金融ですがその審査能力は突出しています。

審査のハードルが消費者金融より高いとされるレイクALSAですが、審査しているのは消費者金融業者だってご存知でしたか?貸金業法が改正されたことにより大口融資ができなくなってしまった消費者金融業者の大半は銀行の保証会社となることで銀行グループの傘下にはいりました。

あくまで一般的なイメージですが銀行の方が賢いと思うかもしれませんが審査能力やシステムに関しては、比べ物にならないくらい消費者金融の方が数段上手(うわて)と言えます。

銀行業務では業務の一部として金融も行っているだけなので融資を本業とするレイクALSAの方が、与信審査の専門性が格段に高いと言えます。

消費者金融というのは簡単に貸してくれるけど返済が遅れるたら恐ろしいくらい利息が付くとったイメージを持つ人は多いと思います。

確かに以前は、法律を無視した強引な取り立てが多かったのも事実ですが近頃は消費者金融も法律を守るようなっていますので、そのような怖い目に合うことはありません。

金利はレイクALSAと比較すると高い場合が多いのですが提携ATMの数は銀行よりも消費者金融のほうが多いです。

そのため、借入れや返済もコンビニ等で簡単に手続きができますしATM手数料が無料の場合が多いのでレイクALSAよりも便利と言えます。

また、レディースローンを提供している消費者金融もあるので女性でも安心して借りやすいと評判です。

レイクALSAのキャッシングのメリットはなんといっても簡単に借り入れることができ好きなタイミングでATMから返済できるので気軽に利用することができます。

カードローンは使い方によっては非常に便利なものなのですが住宅ローンやマイカーローンなどといった大きなローンを組めなくなることが心配されます。

特に住宅ローンは長期に渡って数千万円という大金を返済していくことになりますので借り入れを希望する人はまずは金銭的に安定していることが求められます。

ですから、カードローンを使用し続けているという方は常に金欠状態と判断され事前審査すら通らない確率が大きいのです。

返済し終わっていてもローンカードを持っているだけで審査は不利に働きますので住宅ローンを組むことになった場合、カードローンは解約しておいたほうが無難です。

昨今の消費者金融業界は法律の改正やCM効果によってブラック企業という悪いイメージは拭えているのではないでしょうか。

最近では就職先としての人気高いようなので消費者金融業界の仕事内容や労働条件を紹介しましょう。

業務内容について紹介すると、まず債務者の個人データをパソコンに入力管理し、返済が遅延している人に対し電話やメールで督促のお知らせを通知します。

就職に際して取得しておくべき資格はありませんが店長(責任者)に昇格するには「貸金業務取扱主任者」の資格が必須となります。

気になる年収について紹介します。

年収は大卒の初任給で20から30万円程度でノルマ達成などの成果を上げるとボーナスという形で評価されます。

お金を融通してくれる金融機関はたくさんありますが大きく分類すると銀行とノンバンクに分けられます。

ノンバンクとは銀行以外の融資機関の総称で消費者金融やクレジットカード会社などがノンバンクと呼ばれます。

信販会社やクレジットカード会社というのは、商品購入代金の立て替え業務がメインで利用限度枠内に限りキャッシングサービスの提供も行われています。

一方、消費者金融とは貸金業専門になり限度枠内なら何度でも借入と返済が可能です。

銀行とレイクALSAの違いは何かというと、業務内容になります。

銀行は金融以外にも為替や保険など多岐にわたり様々な商品を取り扱っています。