NISAの口座開設の方法は?必要書類をチェック

NISAによる資産形成はときどきニュースになりますし、雑誌などで目にしたという人もいるかと思います。

しかしながら、実際に運用を始めるかというのは難しい問題ですよね。

預金金利が低いから預けておいても増えないからこれからは投資だといわれても、減ってしまうリスクは怖いですしね。

私たち一般人が日常の生活にちょっとプラスして、投資を始めてみようと思ったときに最初に考えるべきなのは、リスクがどうかではなく、何のためにやるのかという目的をきちんと見定めるということです。

老後にある程度まとまったお金が必要だと考えているなら、まずは数年先の未来を想像してみることをおすすめします。

将来有望そうな企業を見つけて株を投資したり関連する投資信託を選ぶなど目的に合わせて投資を考えてみましょう。

NISAとジュニアNISAは何が違うのかご存知ですか?通常のNISAは自分のために口座を開設して投資するものです。

一方でジュニアNISAのほうは0歳から19歳までの子供や孫などために、親御さんなどが代理で運用していく仕組みになります。

NISA口座が開設できない未成年のための仕組みという面と、子供や孫の備えという面の二つがあります。

ジュニアNISAには18歳まで払い出しができないという制限があり、20歳になると、自動的にNISA口座へと変更されます。

制度終了後に非課税期間を満了したとしても、20歳になるまでは金融商品を非課税で保有し続けられるというのは大きなメリットですね。

NISAのリスクについて説明します。

1点目は、NISAという仕組み自体が抱えているリスクを紹介します。

NISAは利益に対して課税されないというのが最大のメリットなのですが、損失がでたときに損益通算ができないというリスクがあります。

これは源泉徴収ありの特定口座でも一緒なのですが、NISAには5年間という期限があるところです。

期限間際に一般の口座に移動させることはできるのですが、含み損が出ていたとしても考慮されないのです。

一度手放してから、買い戻しをするという作業をしなければいけないかもしれません。

そして忘れてはいけないのが、金融商品自体がもっている性質そのものによるリスクというのは当然あります。

NISAにはロールオーバーという制度があります。

NISAは最長5年という条件が設けられているのですが、5年が経過した後、その年の新たな非課税枠を使って、そのまま移すことをロールオーバーと呼ぶのです。

NISAの投資枠は毎年120万円と決まっているのですが、購入した商品が120万円を超えていてもそのまま引き継げます。

ジュニアNISAにつきましても、ロールオーバーの扱い関しましては基本的には同じです。

とはいえNISA自体が2023年までの仕組みなのでこれからはじめる人にとっては、ほとんど関係ないかもしれません。

投資に興味がある方はNISAのはじめ方から勉強してみるのがいいかもしれません。

はじめるだけであれば、最寄のゆうちょや銀行などでもはじめられます。

とはいえ、ゆうちょや銀行では本当にただはじめるだけという人向けなので、しっかりと収益を上げたいと考えている方には、ネット証券で口座を開設することを強くおすすめします。

銀行やゆうちょなどといった金融機関で販売されているのは、ローリスクローリターンの金融商品となります。

決して悪くはないのですが、逆に言うとそれしかないのでちょっと気になるところです。

独占の金融商品に興味があるというわけでなければ、ネット証券がおすすめです。

NISAの失敗ってどのようなものか気になりますよね。

考え方自体はシンプルなので実は分かりやすいです。

まずはNISAの仕組みそのものによって起こる可能性があるもの、金融商品自体がそのもののリスク、NISAの仕組みによるデメリットを無意識的に避けたいと思うことで非合理的な行動をとってしまうことの3つです。

NISAの仕組みによる失敗は、期間終了時点で含み損が出ていたという場合に、そのまま通常の口座に移行させてしまうと、含み損を受けた後の金額が基準になってしまい余計に課税されることです。

金融商品自体が抱えているリスクというのは、NISAに限らず金融商品は値下がりしたら損するということです。

NISAの仕組みによるデメリット見誤り非合理的な行動をとってしまうリスクというのは、120万円の枠内におさまるように投資先を考えるといったタイプの思考法のことです。

非課税で人気のNISA投資におすすめなのはどれでしょうか?あなたが投資をするという経験が今までなかったなら、まず先に分かっておく必要があるのはNISAだからどうかということではなく、投資が預金と大きく違うのはリスクリターンについて考える必要があるということです。

これは預金と比較してどうかということではなく、何が起こるとリスクとして現れるかということを知ることです。

分かりやすく株を例にしてみると見通しが立たない会社の株は売られて値下がりします。

投資信託は比較的身近な金融商品として知られていますが、投資先の金融商品を総合的に判断したり経済や景気がどうなるとどういう変化が起こるのかの予測ができておく必要があります。

その上で、自分の投資に対する考え方と金融商品の特徴を合わせて考えてみましょう。

今契約しているNISAを別の証券会社や銀行に変更したいというケースがあると思います。

NISAの口座開設はスタート当初より少し変更になっていて、1年に1回変更することができるようになりました。

もう1点、普通のNISAからつみたてNISAに変更したいという場合があるかと思いますが、こちらの手続きも1年に1回対応してもらえます。

ここで心配になるのは変更前に買った株や投資信託が、変更する時に強制的に解約しなければいけないのかどうかだと思います。

結論から申しまして、そこは大丈夫ですのでご安心ください。

前年度に購入したものは継続して持ち続けられます。

もちろんNISAの枠組み制限はそのままですからその点は注意しましょう。

今ならまだ間に合う、NISAの口座開設を考えているなら、まず最初に検討すべきことはどこを利用するかということでしょう。

NISA口座開設は一人につき一つしか持つことができませんので、対応している金融機関の中でどこが一番自分にとってよいのかを厳選する必要があります。

一番有力な候補となり得るのが証券会社です。

特にネット証券は手数料が安いので口座開設におすすめです。

単純に安さだけで決めてしまうのではなく、キャンペーンなども合わせて比較するといいですね。

例えば売買にかかる手数料が無料になるという証券会社もありますし、キャッシュバックがある場合もあります。

投資金額によっては、キャンペーンを重視するというのも有用です。

NISAには非課税という最大のメリットがありますが当然ながらデメリットも存在します。

それは損失の繰り越しができないということです。

含み損のある状態で期限である5年を迎えてしまった場合、証券会社だったら、特定口座か一般口座へ引継ぎというのが通常の流れですが、そのとき扱いとしては手数料こそかかりませんが、その値段で新たに買ったということになります。

50万で買った株が引き継ぎ時に25万円になってしまった場合、口座へ引き継ぐ際には新規で25万円で買ったという扱いになり、その後株価が上がり30万円まで回復して、その段階で売却しようとすると5万円が利益という扱いになり、5万円から税金が引かれるということになるんです。

ですので、含み損がでているようであれば、一度決済してから買い戻すほうが現実的かもしれません。

そういう手間や手数料といった意味での総合的なコストが実際的なデメリットと言えそうです。

NISAの期間は2023年までです。

これははじめから決まっていたことではありますが、これから始めたいと思っている方にとってはあとわずかな期間しかありません。

2023年になるまでは、すでにNISAをやっていて5年の期限が切れたものでも、ロールオーバーで持越しが可能でしたが、これからはじめる方はこの制度は利用できないと考えて良いでしょう。

ではNISAの期限が切れるとどうなるかが気になってきますが、その場合は売却するか課税される普通の口座に移行するかの二択になります。

非課税口座と課税口座の間で移行させることで、最終的な損益を考えておくといいでしょう。

NISAを銀行でやろうと思っている方って実際にはどれぐらいいらっしゃるのでしょうか。

取引先の銀行とのお付き合いで...ということでなければ、取扱い金融商品が豊富で、基本的には手数料が安いネット証券がおすすめですよ。

もちろん、ゆうちょや銀行など身近にある金融機関では、NISAってどういうもの?というところから丁寧に説明してくれますので、対面でやり取りできた方が安心できるという方もいると思いますのでダメというわけではありません。

NISAの最大のメリットである税金を引かれないというのは、出て行くお金が少なくなるというメリットですから、それだったら手数料が安くなる可能性も高めていきたいですよね。

できるだけリスクを避けることを考えて銀行にするかどうか決めるようにしましょう。

NISAとは簡単に言うと、株や投資信託などの取引を活発にして家計と経済を回していくために利益がでたら非課税にしますよという仕組みです。

2014年に日本でスタートした仕組みで、年間にして120万円までが非課税で売買できる枠となります。

もっと詳しく言うと日本に住む20歳以上となっていまして、実際には一人につき一口座と決まっています。

課税されないというのは素敵な響きですが、金融商品の配当や売買差益といったものが該当します。

NISAの期間は最長5年までで、今現在NISA以外で保有しているものはNISA口座に移管させることはできません。

NISAの最大のメリットは非課税だということですよね。

NISAのメリットを十分に活用するために、NISA投資のルールをきちんと確認しておくことが大切です。

毎年120万円の非課税枠が与えられますがこれは使い切りです。

枠という言葉に惑わされやすいのですが、例えば30万円の株を買ったあとに売却しても30万円分の枠は返ってこないということです。

こちらは誤解している人はあまりいませんが念のため解説すると、「120万円まで」という枠なので120万円を超えることはできません。

また、枠自体を持越しすることは出来ませんので、年内に使いきれなくても翌年その分増えるということはありません。

NISAで1万円から投資してみたい人は多いようです。

貯金だけでも仕方ないしいくらかは投資してみるかな。

といったことはよく言われていますが、少額投資ならではのリスクというものもあるのです。

株式取引をメインに考えてみますと、株ってやろうと思った人には分かると思うのですが結構大きな額が必要です。

となるとお金がない人は参加できませんし、あるひとつの会社がどうなるかなんて分からないので、お金がある人にとってもリスクが高くてやっぱりやめようと判断することになります。

投資信託であれば金融で仕組み化している分の手数料がありますがバランス投資が低予算でも実現できます。

参考:NISA口座開設の必要書類は?【なぜ住民票がいるの?】